毎回勝てるとは限らないのがFX

為替レートの動きが読めてくると
FXトレードができます。

レートの動きの多くはトレンドに沿って、
多少は上がったり下がったりしながらも
上昇トレンドであれば、チャートで抑えれば
右上がりのカーブを描いていくのです。

ですからFXトレードをするときには、
上下する動きの下がったときに買って、
上がったところで売れば利益を確保できるのです。

そういう風にトレードができれば
良いのですからFXって簡単ですよね。

でもそう考えてトレードをしても
逆に動くと損失になります。

でも2回トレードをして1回勝てば、
トータルではプラマイゼロとなります。

ですから3回トレードをして、
2回利益がでるとプラスになるのです。

毎回利益がでるとは限らないのがFXです。

損きりのタイミング

誰でも簡単にできるとしての投資にFXがあります。
始めたばかりで学ばなければならないのが「損きり」です。

僅かな証拠金でも始められるのがFXですが、
思ったように為替レートが動かないと
早めに損きりをしてトレードをストップさせなければ
証拠金はなくなってしまうのです。

でも為替レートの動きは、
一度下がったからといても
再び上がっていくことは多いいものです。

損きりをした後で大きく
上がっていくことは起こりうるのです。

ですから、損きりは早くするばかりないと
もう一歩踏み込んだ考え方も必要です。

効果的な損きりのタイミングって難しくて、
損金へのリスクが高くなってきますが、
テクニカル分析というFXの手法もあるので、
一歩先の動きを予測して損きりのタイミングを掴んでみては如何でしょうか。

ゴトー日

企業が決算をする時や決済をする時には、
一般的に5か10の区切りがつく日が多く、
この5か10が付く日をゴトー日などと呼ぶことがあります。

基軸通貨である米国ドルで
企業が決済を行うため米国ドルが不足して、
そのためにドル買いの需要が多くなることがあります。

ゴトー日にはドルの値段が上がりやすいといわれていますので、
ゴトー日を利用してFXで利益を得ることも面白いかもしれません。

他にも企業の決算時期になると
大量の資金が動きますので、
3月や6月、9月、12月などは企業の決算時期になりますので、
ドル円が動き易くなるということも覚えておきましょう。

為替を取り扱っているのは、
FXでのトレーダーだけではありませんので、
企業の動きにも十分注意して取引をしていきましょう。

しっかりと市場の流れを読むことができれば
FXでの取引がもっと面白くなっていきます。
ゴトー日の取引では十分な注意を払って取引をしていきましょう。

相場の連鎖

FXで取り扱う外貨はいろいろな要因で動いています。

いろいろな要因は密接に関係しており、
それぞれの要因が連鎖して動いているということも非常に多いです。

そのような複雑な要因が色々と絡み合って動いている市場となりますので、
ある一つの市場が、たとえば米国の株式市場が
大きく動いた時に連鎖的に大きな為替の動き、
株式市場への大きな動きにつながっていくこともあります。

かってのリーマンショックの時も
その連鎖的な動きでパニック的な衝動売りが続き、
世界同時株安と円高が続いていきました。

市場はこのパニック的な動きから
落ち着きを取り戻すのにしばらく
時間がかかることになりました。

市場の心理はこの複雑な要因によって
支配されていますので、一つの要因が崩れると
いとも簡単に崩れ去ってしまいます。

ただ、どんな市場でも行き過ぎは是正されていきますので、
行き過ぎが落ち着いてくるのを待ってから取引をしていきましょう。

豪情勢

豪ドルが値下がり、
ショートで持っていた分は決済タイミング、
しかし1000通貨でスワップもありイーブンです。

しかしこのまま利下げになっても
底まで下がってますので
かなり有利なトレードができるのではと思います。

本日の午前、豪貿易収支は予想より下側、
結果的にさらに値下がりしてひさしぶりの低水準です。

90円台回復はかなり長い目先でしょう、
一応指標やニュースには敏感に反応したい程度です。

雇用統計以来一気に読みが外れやすいというか
しっかり把握できなくなったドル、
これからはユーロ基本で行きたいと思います。

最近は裁量トレードよりもシストレが頼みの綱の状態です、
これも時代の流れなのか、感情抜きでしっかりトレードしたいですね。

FXの歴史をチョッと!

株式の取引に比べて
FXの歴史はまだまだ新しいのを知っていましたか?

また為替レートって、
戦後はずっと1ドルが360円で
固定されていたのですから、
今にして考えると不思議な気がしますよね。

今は毎日のニュースで、
円相場の変動を報じていて
ニュース性の高い話題となっています。

そして、円が変動相場制になったのは1973年で、
日本の経済成長に伴って、為替レートを
固定的に扱うことに支障ができてきたからだそうです。

外国為替は英語でForeign Exchangeと言いますが、
固定式為替レートから変動性に変わったことで、
今のFXのスタートが切られたのです。

金融機関や貿易会社が為替の売買をして、
利益を得て行く時代になったのです。

今は1日毎に為替レートが売り買いによって
大きく変わって行きマネー経済の時代というわけです。

スプレッドに注目しよう

日々為替は変動しています。
1米ドル101円台に行ったり来たりの動きもあります。

このままどんどん円安が進行するのでしょうか?
投資顧問や投資会社など、経済評論家などの意見も
真っ二つですよね。

皆それぞれの意見、考え方もあるんです。
とても面白いと思いませんか?

自分の考え方と思惑と違っても良いんです。
それもFXの楽しいところではないですか。。

さてここで実際の取引に出てくる、
スプレッドについて考えてみたいと思います。

最近のFX会社の取引では、
取引手数料無料をうたってる会社が多いんです。

なんでこんなことして会社は儲かるんだろーと
疑問に思いますよね。実はこのスプレッドが
収益になるんですよ。

スプレッドとは為替レートの買値と売値の差なんですね。

よくニュースなどで流れていますが、
現在は1ドル101円20銭~101円25銭です。。
などと報道されますがこの差額の5銭が
スプレッドというわけですね。

為替レートの差額はFX会社に支払うわけですが、
このスプレッドも会社によって異なります。

現在は米ドル/日本円が一番低く設定されているようですね。
スプレッドが低いほど、FX取引には有利と言えます。

人の意見を取り入れて、取引方法を確立!

FXでは人の意見を聞くことも重要です。

自分の考えだけで取引をしても
うまくいくことがあまり多くありません。

人の意見を取り入れて取引を進めていくことで、
より確実に利益を上げることができるようになり、
取引が楽しくなっていくことになるでしょう。

人の意見を聞くためには、
FXをしている人と
知り合いになる必要がありますが、
FXをしている人がそんなに多くないかもしれません。

FXをしている人を見つけて
知り合いになるためには、
セミナーに参加したり、
普段の会話の中に少しだけでも
FXの話題を組み入れて
話をしていくことが良いかもしれませんね。

人の意見を聞くということは、
間違った情報も入ってくることはあるとは思いますが、
正しい情報の方が多いです。

上手に人の意見を取り入れて
自分らしい取引方法を確立していきたいところですね。

人の意見をしっかりと取り入れて、
FXでの取引を楽しくしていき
勝率をドンドンとあげ利益を得ましょう。

FXの勝ちパターンとは

ギャンブルで、毎回勝ち続けることは難しいですよね。

でも、ギャンブルをやっていくと
いつか勝つことはありますよね。

これが「こうしたら勝てた」という自分の勝ちパターンです。

勝ちパターンを多く持っていれば、
勝率は上がって行くと思いませんか。

これはFXにも言えて、
初心者は負けのリスクを抑えながら
少しずつやっていって色々と志向錯誤を重ねていくと、

いつか勝てるわけですから、
そうやって勝ちパターンを見つけていくのが、
FX学習法だと思いませんか。

自分流のFX勝ちパターンを
たくさん持っていれば良いので、
FXで儲かった時があれば、

そこには何かしらの法則性があるので、
その法則性を次に買う時に生かせれば、
勝ちに繋がる可能性は高くなっていくと言えるのです。

その逆の負けパターンも同じで、
負けパターンは避けていくのです。